書籍詳細

書籍詳細




和書

ベトナム戦争の最激戦地 中部高原の友人たち

グエン・ゴック   鈴木勝比古

めこん '21.10.5 発行
287p 19cm(B6)   
ISBN: 9784839603281
KCN: 1041380966
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,750(本体 ¥2,500)

この商品は専用在庫センターから出荷予定です。

納期について
NDC: 929.376
KDC: C41 民族学・民俗学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

永遠の時空に身を置く人々
古木の森の木彫り
森の賢明さ
地下水、緑の森と生命
共同の家、部落の魂
高原のわが友人たち
ヌップ、全中部高原の部落の長老
ニンノン月
ステン人の六つの魂
ムオンホンのアーボック
森の中の旅芸人
クニアの木を生んだ無名の芸術家
コンクロに帰った人
銅鑼に声を教える
アカーン、春
コンブライユーのごった煮野菜スープ
雷鳴と稲妻、男性と女性、ザライの不思議
耳吹きの儀式と甕酒。散漫な記憶と忘却

著者紹介

鈴木勝比古 (スズキカツヒコ)
1944年生まれ。大阪外国語大学ロシア語科卒業。1969年11月~1973年7月ハノイ総合大学ベトナム語科留学・卒業。1973年12月~2007年6月日本共産党機関紙「しんぶん赤旗」編集局勤務。その間、1975~2007年、5期にわたりベトナム・ハノイ特派員。1991~1995年ルーマニア・ブカレスト特派員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

最も苛酷な戦場だったベトナムの「中部高原」とはどんなところなのか…。この地の人と自然に魅せられたベトナム随一の作家が綴った…