書籍詳細

書籍詳細




和書

米中の狭間を生き抜く―対米従属に縛られないフィリピンの安全保障とは

猿田佐世   新外交イニシアティブ

(京都)かもがわ出版 '21.12.8 発行
108p 21cm(A5)   
ISBN: 9784780311952
KCN: 1041432097
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,430(本体 ¥1,300)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 319.248
KDC: D24 国際関係論・軍事研究・平和問題
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

第1章 変化するフィリピン外交
第2章 米中の争いに物申す東南アジア
第3章 在比米軍基地閉鎖への道程
第4章 基地撤去後の経済・基地跡地利用の現状
第5章 フィリピンの「米軍基地なき安保」
第6章 揺らぐ比米関係
提言:したたかな外交と、国民主権と―フィリピンの経験から学ぶこと

著者紹介

猿田佐世 (サルタサヨ)
新外交イニシアティブ(ND)代表、上級研究員、弁護士(日本・米NY州)。1977年生まれ、愛知県出身。立教大学講師、沖縄国際大学特別研究員。早稲田大学法学部卒業。コロンビア大学ロースクールにて法学修士号取得。アメリカン大学国際関係学部にて国際政治・国際紛争解決学修士号取得。米議会などで政策提言活動を行うほか、沖縄の人々や日本の国会議員の訪米活動を企画する。研究課題は日本外交。基地、原発、日米安保体制、TPP等、日米間の各外交テーマに加え、日米外交の「システム」や「意思決定過程」に特に焦点を当てる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

米軍基地を撤去し30年、大国米中を相手にしたたか外交を続けるフィリピン。アメリカ一辺倒の日本に問われる国民主権外交。