書籍詳細

書籍詳細




和書

朝鮮通信使の道―日韓つなぐ誠信の足跡

嶋村初吉

(大阪)東方出版 '21.11.12 発行
212p 21cm(A5)   
ISBN: 9784862494214
KCN: 1041445660

定価:¥1,980(本体 ¥1,800)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 210.5
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

互いに欺かず争わず真実を以て交わる。雨森芳洲が説いた誠信交隣に学ぶ。

目 次

序論 朝鮮通信使とは
第1章 韓国の道 概論
第2章 韓国の道
第3章 対馬藩の外交力
第4章 海路をゆく―対馬から大坂まで
第5章 日朝の町人文化比較
第6章 街道をゆく―大坂から江戸、さらに日光へ
第7章 傑出した徳川将軍とは
第8章 江戸滞在記と川越、日光
第9章 対馬藩が築いた、日朝友好の破綻

著者紹介

嶋村初吉 (シマムラハツヨシ)
1953年、大分県・佐賀関町(現、大分市)生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業後、奈良新聞社、産経新聞社を経て、西日本新聞社に入社。文化部記者、編集委員を歴任。定年退職後、韓国・釜山にある国立釜慶大学大学院で室町時代の朝鮮通信使、「李芸の琉球渡海」について研究。現在、福岡民団の李相鎬団長と結成した「朝鮮通信使と共に福岡の会」の共同代表を務める。日韓文化交流史がライフワーク(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

ユネスコ世界記憶遺産に登録された日韓の懸け橋=朝鮮通信使。ソウルから対馬、鞆の浦、大阪、東京、日光まで、2,000キロ超に…