書籍詳細

書籍詳細




和書

小さな出版社のつづけ方

永江朗

猿江商會 '21.11.16 発行
249p 19cm(B6)   
ISBN: 9784908260124
KCN: 1041536781
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥1,870(本体 ¥1,700)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 023.1
KDC: X02 図書館学・書誌学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

つくりたい本だけつくる。(楽しいから)謙な本はつくらない。(楽しくないから)そのために、この出版社はなにがなんでもつぶさない!ビジネスモデルはみんな違ってみんないい。

目 次

01 パブリブの場合
02 ブルーシープの場合
03 三輪舎の場合
04 フリースタイルの場合
05 左右社の場合
06 アタシ社の場合
07 夕書房の場合
08 港の人の場合
09 荒蝦夷の場合
10 往来堂書店の場合

著者紹介

永江朗 (ナガエアキラ)
1958年北海道生まれ。法政大学文学部哲学科卒業。西武百貨店系の洋書店、アール・ヴィヴァンに約7年間勤務した篤、『宝島』などの編集を経てフリーライターに。「哲学からアダルトビデオまで」幅広いジャンルで活躍する。とりわけ書店流通には造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)