書籍詳細

書籍詳細




和書

首里城地下 第32軍司令部壕―その保存・公開・活用を考える

牛島貞満

高文研 '21.12.15 発行
159p 19cm(B6)   
ISBN: 9784874987780
KCN: 1041650348

定価:¥1,650(本体 ¥1,500)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 210.75
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

首里城地下は今どうなっている!?沖縄戦司令官を祖父にもつ著者が、戦後の調査や米軍資料を丹念に追跡、過去を学ぶ戦争遺跡として、巨大地下壕の保存・公開を提案する!!

目 次

1章 沖縄との出会いと沖縄戦の授業(私の沖縄との出会い;祖父の軌跡を追う ほか)
2章 牛島司令官はいつ「自決」したか(解明されていない事実;戸籍・留守名簿は6月20日? ほか)
3章 首里城と第32軍首里司令部壕―現状を知る上で重要な二つの調査(首里城焼失と地下の司令部壕;司令部壕にまつわるコンクリート製の二つの構造物の誤解 ほか)
4章 第32軍首里司令部壕―保存・公開・活用の意義と提案(前史、司令部壕公開の三度の試み;沖縄県が新検討委員会を設置 ほか)

著者紹介

牛島貞満 (ウシジマサダミツ)
1953年東京生まれ。2017年3月まで東京都公立小学校教員。祖父は陸軍第32軍司令官だった牛島満中将。1994年から沖縄で祖父について調べはじめ、2004年より東京、沖縄で「牛島満と沖縄戦」をテーマに授業を行ってきた。さらに沖縄の基地問題について、1959年の宮森小学校米軍ジェット機墜落事件、2004年沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事件について調査し、基地被害の実態を伝える授業や講演を続けている。また首里城の地下にあった第32軍首里司令部壕について、関係者への取材や米軍資料などの調査を行っている。現在、沖縄観光コンベンションビューローの沖縄修学旅行事前・事後学習支援アドバイザーなどの講師や平和ガイドを務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

首里城焼失から2年、復興・再建が注目される今、戦争遺跡として地下の第32軍司令部壕の保存・公開を、牛島満司令官の孫が提案する