書籍詳細

書籍詳細




和書

なぜ、イスラームと衝突し続けるのか―文明間の講和に向けて

内藤正典

明石書店 '21.12.1 発行
240p 19cm(B6)   
ISBN: 9784750352985
KCN: 1041778719
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,420(本体 ¥2,200)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 319.26
KDC: D24 国際関係論・軍事研究・平和問題
A23 イスラーム
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

2021年8月、米国とその同盟国による20年におよぶアフガニスタン占領が終焉した。なぜ欧米流の自由や人権は受け入れられなかったのか。アフガン戦争の危険を訴えた2002年の原書をもとに、その後の西欧とイスラームの関係をたどる章を加えた決定版。

目 次

1 誰の犯行か?
2 イスラーム組織の犯行ならば、なぜ?
3 イスラームとの戦争ではない?
4 イスラーム世界の声は届かなかった
5 ナショナリズムへの連鎖反応
6 イスラームの何を誤解してきたのか
7 この戦争をしてはならなかった
8 何をしなければならないか
増補 イスラーム世界と西欧の二十年

著者紹介

内藤正典 (ナイトウマサノリ)
1956年生まれ。79年東京大学教養学部教養学科(科学史・科学哲学分科)卒業。82年同大学院理学系研究科地理学専門課程中退、博士(社会学・一橋大学)。一橋大学大学院社会学研究科教授(本書初版刊行時)を経て、同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教授、一橋大学名誉教授。専門分野は現代イスラーム地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)