書籍詳細

書籍詳細




和書

だれも知らないイスラエル―「究極の移民国家」を生きる

バヴア

花伝社;共栄書房〔発売〕 '21.12.20 発行
229p 21cm(A5)   
ISBN: 9784763409898
KCN: 1041794070
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 302.285
KDC: A32 地理・地域文化
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

建国から73年。パレスチナとの確執を抱えながら、多くの移民・難民の移住先となってきたイスラエル。一枚岩に見える国内には、超正統派や宗教シオニストといった宗教者と、宗教とは距離をとる4割の世俗派、出身地域や移民時期、エスニシティなどによる複雑な分断が生まれている。伝統と多様性の交差点に暮らす、一人ひとりの物語。エッセイとグラフィックノベルで綴る、知られざるイスラエル。

目 次

グラフィックノベルで架橋する社会
中東に跳びこむ(戸澤典子fromバヴア)
「二重の移民」を生きる(井川・アティアス・翔fromバヴア)
イスラエルってどんな国?
エルサレム・ビーン
ただいま
声たちが見える
アーク
イスラエルの日常を描く―イスラエル人アーティストへのインタビュー
ルトゥ・モダン
アサフ・ハヌカ
ギラッド・セリクター
ヤルデン・ヴァッサ

出版社内容情報・注記

エッセイとグラフィックノベルで綴る、「究極の移民国家」の複雑な日常。ユダヤ人約束の地が内側に抱えるジレンマとは。