書籍詳細

書籍詳細




和書

おしゃべりアリスの物語―難病の子どもの家族と医療者が倫理的課題に向き合う

萩原綾子   小坂仁

へるす出版 '22.4.11 発行
178p 21cm(A5)   
ISBN: 9784867190395
KCN: 1042137337
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,420(本体 ¥2,200)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 493.936
KDC: G82 看護学・リハビリテーション
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

脊髄性筋萎縮症の女の子とその家族、看護師、医師が綴る「多面的なケアの物語」。気管切開に揺れる家族と、医療現場の倫理的課題に向き合った専門スタッフの思いを通して、子どもにとっての最善のケアを考える。

目 次

第1章 アリスちゃんの誕生
第2章 難病の告知
第3章 病気の受容
第4章 医療者の意見と家族の思い
第5章 倫理的な検討のうえでの退院
第6章 リスクを抱えながらの在宅療養
第7章 自宅での急変、救急搬送、そして挿管
第8章 入院生活のなかでアリスちゃんの最善を考える
第9章 アリスちゃんが主人公の物語にむけて
第10章 医療倫理検討会の意味すること
第11章 アリスちゃんがおうちで過ごした日々、旅立った日、そして妹の誕生
座談会 多面的なケアの物語を振り返って

出版社内容情報・注記

脊髄性筋萎縮症の女の子とその家族、看護師、医師が綴る「多面的なケアの物語」 気管切開に揺れる家族と、医療現場の倫理的課題に向き合った専門スタッフの思いを通して、...