書籍詳細

書籍詳細




和書

絵でまるわかり 分子標的抗がん薬

改訂2版

石川和宏

南山堂 '22.5.15 発行
124p 26cm(B5)   
ISBN: 9784525423629
KCN: 1042139863
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,750(本体 ¥2,500)

この商品は専用在庫センターの在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 494.5
KDC: G43 臨床医学一般・診断・治療
G44 薬学・薬理学・毒物学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

第1章 がん細胞にはたらかない抗がん薬ってあるの?(分子標的抗がん薬の新しい考え方;がん細胞に対する免疫応答と免疫チェックポイント分子標的薬;抗がん薬がはたらく細胞はがん細胞の他にあるの?―イメージする細胞は4種類が基本)
第2章 分子標的抗がん薬の特徴とメカニズム(細胞外で作用する薬;細胞質内で作用する薬:受容体型分子を標的にした薬;細胞質内で作用する薬:非受容体型分子を標的にした薬 ほか)
第3章 各論を踏まえたがん化学療法総論(遺伝子情報とがん化学療法;投与された抗がん薬の作用に関連した因子;支持療法とがん化学療法)

著者紹介

石川和宏 (イシカワカズヒロ)
1985年名城大学薬学部卒業、1987年同大学院薬学研究科修士課程修了、医学博士。製薬会社、藤田保健衛生大学総合医科学研究所にてがん遺伝子に関する基礎研究に従事。名古屋大学医学部附属病院薬剤部、2003年米国ミシシッピ大学薬学部および同メディカルセンターに公費留学、名城大学大学院薬学研究科がんプロフェッショナル養成プログラム特任助教、名古屋大学医学部附属病院薬剤部副薬剤部を経て、2016年4月より北陸大学薬学部教授。日本臨床腫瘍学会協議員、日本薬理学会学術評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

種類がかなり増えた分子標的薬を、作用点ごとに分類し、解説した「イラスト」でイメージして理解できる。オールカラー