書籍詳細

書籍詳細




和書

女性のためのキャリアデザイン―20歳のときに知っておいてほしいこと

安齋徹

樹村房 '22.4.6 発行
222p 19cm(B6)   
ISBN: 9784883673605
KCN: 1042158567
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 366.38
KDC: X01 総記・百科事典・参考図書(逐刊含む)
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

働く女性への応援歌!―受け身ではなく前向きに生き抜く「知恵」を12のトピックスに凝縮。

目 次

キャリアを取り巻く環境―激動の時代を生き抜く自信がない?
ワーク・ライフ・バランス―仕事と家庭の調和は難しい?
リーダーシップ―リーダーになんてなりたくない?
コミュニケーション―コミュニケーションは苦手?
コンフィデンス―自分に自信がない?
タイム―時間はあっという間に過ぎてしまう?
チャンス―チャンスは巡ってこない?
クリエイティブ―企画力がない?
ソーシャル―社会に出たら夢はあきらめる?
グローバル―英語は苦手?
タフネス―つらいことは嫌?
ワーク―仕事は楽しくない?

著者紹介

安齋徹 (アンザイトオル)
1960年東京都生まれ。1984年一橋大学法学部卒業、2009年立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士課程前期課程修了、修士(社会デザイン学)。2015年早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了、博士(学術)。1984~2012年三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)勤務、2012年群馬県立女子大学准教授、2016年群馬県立女子大学教授、2018年目白大学メディア学部教授などを歴任し、2020年から現職。現在、清泉女子大学文学部地球市民学科教授。社会デザイン学会副会長、日本ビジネス実務学会幹事、日本能率協会「KAIKA Awards」検討委員、新宿区「男女競争参画推進会議」委員。28年間にわたる企業勤務では、営業・企画・事務・海外・秘書・人事・研修など様々な業務を国内外で体験。ニューヨーク在勤中に2週間の育児休暇を取得し積極的に育児に参加。働きながら大学院に通い「企業人のボランティア」について研究。現在は日本で唯一の地球市民学科で、閉塞感漂う社会や企業に少しでも風穴を開けられるような元気と勇気のある女性人材を育成することに邁進中。主宰するゼミでは「日本一のゼミ」を目指して「教室を飛び出す学び」を志向、企業や地域などと様々なプロジェクトに取り組んでいる。専門:社会デザイン学、人的資源管理論、女性の活躍推進、ワーク・ライフ・バランスなど
周藤亜矢子 (シュウドウアヤコ)
茨城県生まれ。日本橋女学館短期大学経営情報コース卒業(現開智国際大学)。法政大学文学部日本文学科卒業。ソニー株式会社常務取締役秘書、ソニーケミカル株式会社代表取締役秘書(現デクセリアルズ株式会社)、同社にて広報・研修・総務業務を経験。宇都宮ビジネス電子専門学校非常勤講師を歴任。現在、常磐大学・常磐短期大学非常勤講師、茨城女子短期大学非常勤講師、一般社団法人日本秘書協会認定講師。企業や自治体にて女性活躍推進、コミュニケーション、秘書などの講座を複数担当。宇都宮大学大学院地域創生科学研究科社会デザイン科学専攻多文化共生プログラムにて「感情労働」について研究中。2児の母。第2子出産後、中国蘇州市にて駐在帯同。3年半の在中中に現地調査に取り組み、異文化における企業の人財育成や価値観の相違から起こる企業内の摩擦について研究。現在の研究テーマ:国際秘書、感情労働、フォロワーシップ、異文化、ジェンダー、女性活躍など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)