書籍詳細

書籍詳細




和書

がん性疼痛―薬の使い方

花岡一雄

克誠堂出版 '22.4.21 発行
288p 26cm(B5)   
ISBN: 9784771905610
KCN: 1042162992
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥7,920(本体 ¥7,200)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 494.5
KDC: G43 臨床医学一般・診断・治療
G44 薬学・薬理学・毒物学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

Dr.花岡編集「癌性疼痛(2010年)」「誰にでも理解できる緩和ケアの実践書(2015年)」に次ぐ、待望の第3弾!作用と特徴/適用と種類/臨床投与の実際/副作用/禁忌と注意点。

目 次

1 がん性疼痛の発生機序
2 がん性疼痛に使用される薬物(NSAIDs;アセトアミノフェン ほか)
3 オピオイド(がん性疼痛におけるオピオイドの使い方と基本概念;オピオイドの副作用とその対処 ほか)
4 鎮痛補助薬(抗うつ薬;抗不安薬 ほか)
5 がん性疼痛に対する各種療法(神経ブロック療法;脊髄鎮痛法:硬膜外鎮痛法、脊髄くも膜下鎮痛法 ほか)

出版社内容情報・注記

がん性疼痛治療の薬に特化した一冊。薬物療法における、作用と特徴/適用と種類/臨床投与の実際/副作用/禁忌と注意点などを中心に解説