書籍詳細

書籍詳細




和書

歴史のなかの政教分離―英米におけるその起源と展開

大西直樹   千葉眞

彩流社 '06.3.31 発行
326p 21cm(A5)   
ISBN: 9784779111518
KCN: 1000429937

定価:¥3,190(本体 ¥2,900)

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 316.2
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

政教分離の第一の顔は、国家と教会(宗教団体)との制度的結託、政治権力と宗教権力との制度上の融合を回避し、両者の領域および権限における分離を要求し、相互に各領域の固有の自立性の根拠を承認すること。こうした独立した関係にあることが、双方にとって有益であり、社会全体にとっても好ましいという考え方である。第二の顔は、内面的かつ実質的価値で、教会(宗教団体)および市民社会の側からいえば「信教の自由」、「寛容」、「良心の自由」の保障を意味することにほかならない。本書は、この二つの顔の変遷を、十七世紀イングランドのピューリタン革命を起点にしつつ、アメリカ植民地時代の統治と教会、建国期とその後の教会と国家ないし宗教と政治、さらには現代アメリカにおける政教関係にいたるまで、歴史的文脈において分析する。

目 次

歴史のなかの政教分離
ピューリタン革命と政教分離
ロジャー・ウィリアムズに見る政教分離論の相剋
オランダのトマス・フッカーと政教分離の生成過程
一八世紀初頭の王領植民地マサチューセッツにおける教会・国家関係
ジョン・ロックの寛容論―政教分離の原理と思慮の政治
政治構造と政教分離―イギリス「複合」帝国とアメリカ諸植民地
初期アメリカにおける政教分離と信教の自由
民主主義社会における宗教の役割―トクヴィルの宗教論
女性と政教分権―逆説の政治文化
ファンダメンタリズムと政教分離
政教分離・信教の自由・連邦制―ロック対デイヴィの位相
アメリカにおける政治と宗教の現在―新帝国主義とキリスト教原理主義

著者紹介

大西直樹 (オオニシナオキ)
1981年国際基督教大学比較文化研究科博士後期課程満期退学、博士(学術)。国際基督教大学教養学部教授(アメリカ文学、アメリカ学専攻)
千葉眞 (チバシン)
1983年プリンストン神学大学院、Ph.D.、国際基督教大学教養学部教授(政治思想専攻)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)