書籍詳細

書籍詳細




和書

ペスト

改版

(新潮文庫)

アルベール・カミュ   宮崎嶺雄

新潮社 '04.1.20 発行
476p 15cm(A6)   
ISBN: 9784102114032
KCN: 1000681235
原書名: LA PESTE〈Camus,Albert〉

定価:¥825(本体 ¥750)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 953
新聞掲載: 毎日新聞2011年11月13日,読売新聞2020年03月15日,産経新聞2020年03月21日,東京新聞2020年03月29日,朝日新聞2020年04月04日,日本経済新聞2020年05月09日,週刊読書人2020年07月03日

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

アルジェリアのオラン市で、ある朝、医師のリウーは鼠の死体をいくつか発見する。ついで原因不明の熱病者が続出、ペストの発生である。外部と遮断された孤立状態のなかで、必死に「悪」と闘う市民たちの姿を年代記風に淡々と描くことで、人間性を蝕む「不条理」と直面した時に示される人間の諸相や、過ぎ去ったばかりの対ナチス闘争での体験を寓意的に描き込み圧倒的共感を呼んだ長編。

著者紹介

カミュ (Camus,Albert)
1913‐1960。アルジェリア生れ。フランス人入植者の父が幼時に戦死、不自由な子供時代を送る。高等中学の師の影響で文学に目覚める。アルジェ大学卒業後、新聞記者となり、第2次大戦時は反戦記事を書き活躍。またアマチュア劇団の活動に情熱を注ぐ。1942年『異邦人』が絶賛され、『ペスト』『カリギュラ』等で地位を固めるが、’51年『反抗的人間』を巡りサルトルと論争し、次第に孤立。以後、持病の肺病と闘いつつ、『転落』等を発表。’57年ノーベル文学賞受賞。交通事故で死去
宮崎嶺雄 (ミヤザキミネオ)
1908‐1980。東京生れ。東京帝大心理学科中退。岸田国士に師事、バルザック、サンド、メリメ、カミュ等、多くの仏文学を翻訳紹介。’41年、フランス文学賞受賞。戦後創元社編集長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)