書籍詳細

書籍詳細




和書

宗教の理論

(ちくま学芸文庫)

ジョルジュ・バタイユ   湯浅博雄

筑摩書房 '02.11.6 発行
258p 15cm(A6)   
ISBN: 9784480086976
KCN: 1000803416

定価:¥1,320(本体 ¥1,200)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 161.1
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

ミシェル・フーコーをして「今世紀で最も重要な思想家のひとり」と言わしめたジョルジュ・バタイユは、思想、文学、芸術、政治学、社会学、経済学、人類学等で、超人的な思索活動を展開したが、本書はその全てに通底・横断する普遍的な“宗教的なるもの”の根源的核心の考察を試みる。その視線が貫いていく先にある宗教の“理論”は、あくまで論理的な必然性まで突き詰められたものであり、矛盾に満ちた存在“人間”の本質を、圧倒的な深みをもって露呈させる。バタイユ死後に刊行された、必読のテクスト。

目 次

第1部 基本的資料(動物性;人間性と俗なる世界の形成;供犠、祝祭および聖なる世界の諸原則)
第2部 理性の限界内における宗教―軍事秩序から産業発展へ(軍事秩序;二元論とモラル;媒介作用;産業の飛躍的発展)

著者紹介

バタイユ,ジョルジュ (Bataille,Georges)
1897‐1962年。フランス、ビヨン生まれ。1935年極左知識人を結集して「コントル‐アタック」を結成。1936年、カイヨワ、レリスと社会学研究会を創設。1946年、「クリティク」を創刊
湯浅博雄 (ユアサヒロオ)
1947年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。現在、東京大学教授。専攻、フランス思想・文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)