書籍詳細

書籍詳細




和書

二十一世紀と福音信仰

千葉眞

教文館 '01.1.20 発行
199,3p 19cm(B6)   
ISBN: 9784764263710
KCN: 1000995972

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 190
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

人間喪失、暴力、自然破壊が極まった現代社会に生きる人々に、キリスト教はなお希望を与えることができるのだろうか。ポストモダンの危機的状況を批判的に分析しつつ、二十一世紀を生きる真実の宗教を追求する。

目 次

序章 二十一世紀と福音信仰
1章 ポストモダンと福音信仰
2章 ポストモダンと宗教的なるもの
3章 ポストモダンとK・バルト
4章 ポストモダンとD.ボンヘッファー
5章 R.ニーバーと預言者宗教
6章 オーウェル的世界とキリスト教
7章 世界の変容とキリスト教社会倫理
8章 宗教と政治
終章 キリスト教と現代

著者紹介

千葉真 (チバシン)
1949年宮城県古川市に生まれる。1978年早稲田大学大学院修士課程(政治思想)修了。72?74年アーマスト大学(B.A.政治学)74?76年オクスフォード大学マンスフィールド・コレッジ(M.A.神学)、78?83年プリンストン神学大学(Ph.D.政治倫理学)。現在、国際基督教大学教養学部社会科学科教授。専攻は西欧政治思想史、政治理論。著書に『現代プロテスタンティズムの政治思想』(新教出版社、1988年)、『ラディカル・デモクラシーの地平』(新評論、1995年)、『アーレントと現代』(岩波書店、1996年)、『デモクラシー』(岩波書店、2000年)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)