書籍詳細

書籍詳細




洋書

痛みの歴史

The Story of Pain : From Prayer to Painkillers

Bourke, Joanna

Oxford Univ Pr 2017/04
396 p. 31 halftones 21 cm   
装丁: Pap   
版表示など: pap.    装丁について
テキストの言語: ENG    出版国: GB
ISBN: 9780199689439
装丁違いISBN: 0199689423
KCN: 1026018492
紀伊國屋書店 選定タイトル
標準価格:¥2,296(本体 ¥2,088)   
Web販売価格あり    Web販売価格について

為替レートの変動や出版社の都合によって、価格が変動する場合がございます。

この商品は提携先の海外出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
DDC: 610
KDC: A303 世界文化史
G403 医学史
関連書リスト: SB2579E グローバル・ヒストリー
SB2638C 身体と感覚の人文学
SB2868C 情動と共感の人文学
NA5550
SB3028A 感情・感覚の文化史
書評掲載: LJ Reviews 2014 July #1
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

Annotation

New in paperback. Hardcover was published in 2014. Charts how our understanding of pain has changed completely over the last three centuries - from positive function to ultimate evil.

Full Description

The story of pain and suffering since the eighteenth century. Prize-winning historian Joanna Bourke charts how our understanding of pain (and how to cope with it) has changed completely over the last three centuries.
Detailed information

Table of Contents

1: Introduction 2: Estrangement 3: Metaphor 4: Religion 5: Diagnosis 6: Gesture 7: Sentience 8: Sympathy 9: Pain Relief Notes Bibliography Index