書籍詳細

書籍詳細




洋書

郊外のスプロール化に対する政府の介入

Government Intervention and Suburban Sprawl : The Case for Market Urbanism

(Palgrave Pivot.)

Lewyn, Michael

Palgrave Macmillan 2017/01
103 p. 22 cm.   
装丁: Hrd    装丁について
テキストの言語: ENG    出版国: DE
ISBN: 9781349951482
KCN: 1026946668
紀伊國屋書店 選定タイトル
標準価格:¥9,435(本体 ¥8,578)   
Web販売価格あり    Web販売価格について

為替レートの変動や出版社の都合によって、価格が変動する場合がございます。

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
DDC: 307
KDC: C50 都市・コミュニティ
D225 地方自治
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

Full Description

This book shows how suburban sprawl is at least partially a consequence of government spending and regulation, and suggests anti-sprawl policies that can make government smaller and/or less intrusive.
Detailed information

Table of Contents

Introduction Ch. 1: What Is Sprawl And Why Should We Care About It?Ch. 2: Sprawl as Where We Grow: Or, How Government Spreads SuburbiaCh. 3: Sprawl as Where We Grow, Part 2: How Government Prices Americans Out of CitiesCh. 4: Sprawl As How We Grow, Or, How Government Makes Suburbia SprawlingCh. 5: The Criminalization of WalkingCh. 6: Policy Conclusions: Or, A Short Guide to Market Urbanism