書籍詳細

書籍詳細




洋書

キルケゴール、マッキンタイア、ウィリアムズと内面から見た倫理

Kierkegaard, MacIntyre, Williams, and the Internal Point of View

Compaijen, Rob

Palgrave Macmillan 2018/03
292 p.   
装丁: Hrd    装丁について
テキストの言語: ENG    出版国: DE
ISBN: 9783319745510
KCN: 1030401388
紀伊國屋書店 選定タイトル
標準価格:¥16,089(本体 ¥14,898)   
Web販売価格あり    Web販売価格について

為替レートの変動や出版社の都合によって、価格が変動する場合がございます。

この商品は提携先の海外出版社在庫からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
KDC: A117 倫理学・道徳哲学
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

Annotation

Connecting the field of Kierkegaard studies with the meta-ethical debate about practical reasons, and engaging with Alasdair MacIntyre's and Bernard Williams' thought, this book explores the rationality of the choices for ethical life and Christian existence.

Full Description

This book takes the debate about the (ir)rationality of the transition to ethical life in Kierkegaard's thought in a significantly new direction.
Detailed information

Table of Contents

1. Introduction.- 2. MacIntyre's critique of Kierkegaard.- 3. Internalism about practical reasons.- 4. Kierkegaard on being human.- 5. Embracing ethical life.- 6. Entrusting oneself to Christian life.- 7. Conclusion.