書籍詳細

書籍詳細




和書

室町社会史論―中世的世界の自律性

清水克行

岩波書店 '21.10.14 発行
346,6p 21cm(A5)   
ISBN: 9784000022354
KCN: 1041372747
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥6,490(本体 ¥5,900)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 210.46
KDC: A37 日本史(中世)
書評掲載: 読売新聞2022年01月16日
新聞掲載: 週刊読書人2021年12月17日

内容紹介

日本中世、とりわけ室町期の社会は、各社会集団が自律的な「法」をもって対峙しあう多元性を特徴としていた。「自力救済社会」とも形容すべきその実像と、そこに生きた中世人の心性を、「習俗」への着目を通して解き明かすとともに、続く戦国期・近世への展望をも示す。法制史・社会史の視角を継承しつつ室町時代史研究を牽引してきた著者の、ここ二〇年間の研究成果を集成する。

目 次

室町社会の特質
1 在地社会の自律性(『看聞日記』に描かれた中世村落―山城国伏見荘;「鞆淵荘下村歩付帳」を読む―紀伊国鞆淵荘 ほか)
2 室町幕府法と在地社会(足利義持の二つの徳政―山城国木幡浄妙寺の所職をめぐって;室町殿権力と広域逃散)
3 習俗が構成する中世社会(習俗論としての社会史;中世日本の互助金融―室町幕府の訴訟記録にみえる頼母子 ほか)
4 戦国時代への展望(戦国の法と習俗)
比較史と習俗論

著者紹介

清水克行 (シミズカツユキ)
1971年生まれ。立教大学文学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(文学)。現在、明治大学商学部教授。専攻は日本中世史、社会史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

自律性と多元性を特徴とする室町時代の社会の実像を、「習俗」への着目を通して鮮やかに描き出す論文集。