書籍詳細

書籍詳細




和書

横光利一と近代メディア―震災から占領まで

十重田裕一

岩波書店 '21.9.30 発行
361,30p 21cm(A5)   
ISBN: 9784000254748
KCN: 1041372403
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥8,800(本体 ¥8,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 910.268
KDC: B41 日本文学(文学史・作家研究)

内容紹介

関東大震災前後からアメリカ軍による占領期までのおよそ三〇年間、激変する社会の状況と真摯に向き合い、創作活動を続けてきた文学者横光利一。近代メディアの盛り上がりの中、「文学の神様」になった作家の苦悩を鮮やかに浮かび上がらせる。

目 次

第1部 習作期から新感覚派時代へ(「文学の洗礼を与へた」書物たち―鏡としての翻訳文学)
第2部 前衛の旗手として(「文壇といふ市場」へ―『文藝春秋』『文藝時代』『改造』との関連を中心に;「新しい感性の羅列」―交流する文学と映画)
第3部 文学の“神様”の誕生(「共同製作」の場―本文とメディアをめぐる探究;「国語への服従」―拡大するメディアと読者層)
第4部 検閲下の葛藤と再生への模索(「明日の小説」のために―占領期の表現と言論統制)

著者紹介

十重田裕一 (トエダヒロカズ)
1964年東京都生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。大妻女子大学を経て、現職は早稲田大学教授・国際文学館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

近代メディアの隆盛とともに、「文学の神様」にまで昇り詰めた作家の軌跡とその苦悩を描き出す。