書籍詳細

書籍詳細




和書

ジェンダー化する社会―労働とアイデンティティの日独比較史

(世界歴史選書)

姫岡とし子

岩波書店 '04.3.25 発行
212,18p 19cm(B6)   
ISBN: 9784000268509
KCN: 1000662023

この商品は品切れのため、BookWeb Proでのお取り扱いができません。

納期について
NDC: 366.38

内容紹介

「男は仕事、女は家庭」―男/女の差異を本質的なものとみなす社会は、いかにしてつくられたのだろうか。伝統的に、製織労働の担い手が女性であった日本と、男性であったドイツ。両社会において、それらの労働にはどのような意味づけが行われ、また繊維工業の近代化はどのような道程を辿ったのか。そして、労働の近代化は、社会政策・保険制度の形成とあいまって、人びとの家族観や職業意識にいかなる変容をもたらしたのか。「労働のジェンダー化」という観点から、近代史研究に新たな視座を拓く。

目 次

ジェンダーで読む近代化
第1部 近代化のなかの織物業とジェンダー(家内工業時代のドイツにおける織物業;ドイツにおける力織機の導入と工場生産の普及;日本における織物業)
第2部 労働者のジェンダー化(ドイツと日本における女性保護規定;ドイツにおける社会保険制度の成立;日本における労働者のジェンダー化―比較の観点から)
ジェンダー化する社会

著者紹介

姫岡とし子 (ヒメオカトシコ)
1950年生。ドイツ近現代史。現在、立命館大学国際関係学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)