書籍詳細

書籍詳細




和書

語源をさぐる

(講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

新村出

講談社 '95.3.10 発行
362,18p 15cm(A6)   
ISBN: 9784061963146
KCN: 1001543854

この商品は品切れのため、BookWeb Proでのお取り扱いができません。

納期について
NDC: 812

内容紹介

国語音韻史、中世、近世の国語研究に多大な業績を残した『広辞苑』の編者・新村出の語源探索エッセイ。「天と地」「日と月」「しぐれ」「風の名」「霞と霧」「鶴」「松竹梅」「毒だみ」「香と臭」「本の語源」「家庭という語」「馬鹿考」「胡麻菓子」など、多角的論証と平易な文章で説く興味尽きない語源談、四十八篇。

目 次

天と地
日と月
自成語と転成語
青空
しぐれ
風の名
朝やけ・夕焼け、あけぼの・夕ばえ
雲の名
雲の語彙
霞と霧〔ほか〕