書籍詳細

書籍詳細




和書

ALS―不動の身体と息する機械

(シリーズ ケアをひらく)

立岩真也

医学書院 '04.11.15 発行
451p 21cm(A5)   
ISBN: 9784260333771
KCN: 1000582512

定価:¥3,080(本体 ¥2,800)

この商品は書籍取次在庫Bからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 493.6
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

ALS当事者の語りを渉猟し、「既に書かれていること」をまとめた本。人工呼吸器と人がいれば生きることができる、と言う本。だから感動の少ない本。しかし「生命倫理」という名の議論は、せめてここから始めるべきだとわかる本。

目 次

間違い
まだなおらないこと
わかること
わかることについて
呼吸器のこと
既にあったものの出現
川口武久のこと
その先を生きること
死の位置の変容
さらにその先を生きること

著者紹介

立岩真也 (タテイワシンヤ)
1960年佐渡島生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。信州大学医療技術短期大学部等を経て、現在立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。専攻は社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)