書籍詳細

書籍詳細




和書

愛国百人一首

川田順

河出書房新社 '05.5.30 発行
190p 19cm(B6)   
ISBN: 9784309017112
KCN: 1000524628

この商品は品切れのため、BookWeb Proでのお取り扱いができません。

納期について
NDC: 911.104

内容紹介

万葉集、防人歌、元寇時の歌、南朝の悲歌、国学者の歌、尽忠報国の歌、尊攘志士の憂国の歌…。歌人・川田順が昭和十六年に編んだ、この国を想う名歌のアンソロジー。日本人の心の歴史の金字塔。

目 次

大葉子―韓国の城の上に立ちて大葉子は領巾振らすも日本へ向きて
柿本人麻呂―大君は神にしませば天雲の雷の上に廬せるかも
小野老―青丹よし奈良の京は咲く花の匂ふが如く今さかりなり
笠金村―もののふの臣の壮士は大君の任のまにまに聞くといふものぞ
大伴旅人―八隅知わが大君の御食国は大和もここも同じとぞ思ふ
高橋虫麻呂―千万の軍なりとも言挙げせずとりて来ぬべきをのことぞ思ふ
海犬養岡麻呂―み民われ生けるしるしあり天地の栄ゆる時にあへらく思へば
雪宅麻呂―大君のみことかしこみ大船の行きのまにまに宿りするかも
橘諸兄―ふる雪の白髪までに大君に仕へまつればたふとくもあるか
大伴家持―敷島の日本の国にあきらけき名に負ふ伴の緒こころつとめよ〔ほか〕

著者紹介

川田順 (カワダジュン)
1882年?1966年。東京都生まれ。歌人、実業家。『心の花』の同人として佐佐木信綱に師事し、住友総本社に勤めながら作歌活動を行う。ロマン的な歌風から、明快なリズムをもつ現実的な作風に移行した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)