書籍詳細

書籍詳細




和書

国技館―大相撲力士、土俵の内外

(河出文庫)

尾崎士郎

河出書房新社 '15.12.20 発行
211p 15cm(A6)   
ISBN: 9784309414256
KCN: 1024062150
紀伊國屋書店 選定タイトル

この商品は品切れのため、BookWeb Proでのお取り扱いができません。

納期について
NDC: 788.1
KDC: B56 スポーツ・体育

内容紹介

横綱審議委員を長く務め、大の相撲通だった『人生劇場』の作家の、相撲ノンフィクション小説代表作。力士や親方と深く交わった著者ならではの、交友と知見に裏打ちされた、戦前戦後三十年の角界黄金時代の見聞録。清水川、綾川、高砂、朝潮、若乃花…。「人生そのもの」の土俵の思い出を愛惜をこめて綴る。

著者紹介

尾崎士郎 (オザキシロウ)
1898年、愛知県生まれ。作家。早稲田大学在学中は社会主義に傾倒、“早稲田騒動”で退学。戦中は国粋主義に接近、戦後公職追放。『人生劇場』七部作は国民文学となった。他の作品に『天皇機関説』(文藝春秋読者賞)など。1964年没。相撲通で横綱審議委員も務めた。文化功労者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

横綱審議委員も長く務めた作家が、戦前戦後の交流のあった相撲取り、親方たち、の思い出を綴る、黄金時代のノンフィクション。

【著者紹介】
1898ー1964 作家。横綱審議委員。『人生劇場』など。文化功労者。