書籍詳細

書籍詳細




和書

寝るまえ5分のパスカル「パンセ」入門

アントワーヌ・コンパニョン   広田昌義

白水社 '21.9.25 発行
206p 19cm(B6)   
ISBN: 9784560089101
KCN: 1041244416
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: Un ´et´e avec Pascal〈Compagnon,d’Antoine〉

定価:¥2,090(本体 ¥1,900)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 135.2
KDC: A13 近代哲学・現代思想
新聞掲載: 毎日新聞2021年11月20日

内容紹介

パスカルの言葉は、なぜこれほどまでに刺さるのか?「考える葦」「賭け」「クレオパトラの鼻」…忘れがたい名句やイメージを数多く残した天才の、その思想の真髄に迫る刺激的な41章。

目 次

「あの恐るべき天才」
「靴のかかと」
自己愛Amor sui
「誤謬と偽りの女主人」
「パスカル氏の生涯」
「この世の女王」
「説得術について」
圧制
決疑論
父〔ほか〕

著者紹介

コンパニョン,アントワーヌ (Compagnon,d’Antoine)
1950‐。ベルギー生まれのフランス文学者。ソルボンヌ大学教授を経て、コレージュ・ド・フランスおよびコロンビア大学教授。プルーストやモンテーニュの専門家として、また文学理論と仏文学史に関する刺激的な著作によって国際的に広く知られる
広田昌義 (ヒロタマサヨシ)
京都大学名誉教授
北原ルミ (キタハラルミ)
金城学院大学准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

「考える葦」「賭け」「クレオパトラの鼻」……忘れがたい名句やイメージを数多く残した天才の、その思想の真髄に迫る刺激的な41章