書籍詳細

書籍詳細




和書

歌う民衆と放歌高吟の近代―放歌民衆から唱歌・軍歌を歌う国民へ

永嶺重敏

勉誠出版 '22.5.30 発行
271p 19cm(B6)   
ISBN: 9784585370031
KCN: 1042180455
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥3,850(本体 ¥3,500)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 767
KDC: A39 日本史(近現代)
B54 音楽・舞踊
新聞掲載: 日本経済新聞2022年06月18日

内容紹介

歌うことが「罪」だった時代―。万葉時代に若い男女が愛を歌い交わした「歌垣」、船唄や木遣り歌などの仕事唄など、古来日本人の生活は歌とともにあった。しかし、明治になり、文明開化の流れの中で、卑猥な歌詞の俗謡、乱酔放歌などの暴行事件などが多発したことにより、放歌―辺りかまわず大声で歌うこと―は野蛮な行為と見なされ、処罰の対象となった。日常生活のありふれた行為であるがゆえに、意識されず、記録に残されることの少なかった「放歌」の歴史を、犯罪記録として残った資料、多数の図版とともに丹念に紐解く。明治の民衆の「歌う文化」を見つめなおす格好の一冊!

目 次

「歌う行為」の歴史と「放歌」という視点
第1部 明治の路上放歌と歌う民衆の世界(「路上で歌う行為」が犯罪となった時代―放歌罪の成立過程と展開;路上放歌をめぐる民衆と巡査の市中攻防戦)
第2部 生活や労働の中に根付く「歌う文化」(湯屋という放歌空間;仕事唄を歌う明治の労働者―来日西洋人による「歌う民族」の発見)
第3部 放歌世界から教育訓練型の歌の世界へ(放歌世界と唱歌・軍歌の導入;学生の放歌高吟文化の形成過程)
結び 路上の歌声の変貌―明治から大正へ(デモ行進歌の誕生と展開―政治・社会運動と歌の利用)

著者紹介

永嶺重敏 (ナガミネシゲトシ)
1955年、鹿児島県生まれ。九州大学文学部卒業。元東京大学図書館職員。出版文化・大衆文化研究家。日本出版学会、日本メディア学会、メディア史研究会、日本ポピュラー音楽学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

歌うことが「罪」だった時代―