書籍詳細

書籍詳細


和書

フェミニストソーシャルワーク―福祉国家・グローバリゼーション・脱専門職主義

レナ・ドミネリ   須藤八千代

明石書店 '15.7.25 発行
376p 19cm(B6)   
ISBN: 9784750342160
KCN: 1023189153
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: FEMINIST SOCIAL WORK THEORY AND PRACTICE〈Dominelli,Lena〉

定価:¥5,400(本体 ¥5,000)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 369.1
KDC: C15 家族・女性問題
C18 社会福祉・社会政策
ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

目 次

序章 21世紀の社会とフェミニストソーシャルワーク
第1章 フェミニストソーシャルワーク実践の理論
第2章 フェミニストソーシャルワークを取り巻く状況
第3章 専門職の再構築
第4章 男性に関わる
第5章 子どもと家族に関わる
第6章 高齢者に関わる
第7章 犯罪者に関わる
終章 フェミニストソーシャルワークの原則

著者紹介

ドミネリ,レナ (Dominelli,Lena)
元国際ソーシャルワーク学校連盟会長(1996‐2004)。サセックス大学でph.D(哲学)を取得。サザンプトン大学(1996‐2006)を経て、現在ダラム大学応用社会科学部教授。ウォルソン保健福祉研究所特別研究員。ソーシャルワークにおける女性の問題を社会正義の視点から取り上げた著書多数。また危険・リスク・復興研究所副所長としてGreen Social Work:from Environmental Crises to Environmental Justice(Cambridge,Polity Press)を2012年に出版し、「グリーンソーシャルワーク」という新しい分野を切り拓いている
須藤八千代 (スドウヤチヨ)
愛知県立大学名誉教授。NPO法人ウイメンズボイス副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)