書籍詳細

書籍詳細




和書

功利とデモクラシー―ジェレミー・ベンサムの政治思想

フィリップ・スコフィールド   川名雄一郎

慶應義塾大学出版会 '20.1.18 発行
500,99p 21cm(A5)   
ISBN: 9784766426427
KCN: 1039219220
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: Utility and Democracy:The Political Thought of Jeremy Bentham〈Schofield,Philip〉

定価:¥16,500(本体 ¥15,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 311.233
KDC: D21 政治学一般/政治思想・理論
A13 近代哲学・現代思想
書評掲載: 週刊読書人2020年03月20日

内容紹介

本書は次の二つの慧眼を持つ。第一に、言語論を核としたベンサムの論理学が、功利性の原理と並び立つ彼の思想の基盤であることを説得的に示したこと。第二に、支配層としての政治家・法律家・宗教科の協働による私的利益の追求を「邪悪な利益」として糾弾し、急進的民主主義へと転向したベンサムの政治思想を詳らかにしたことである。稀代の思想家が掲げた“功利”と“民主主義”の新たな側面に光を当てたスコフィールドの二〇年にわたる研究の到達点、ついに刊行。

目 次

現実的実体とフィクション的実体
功利性の原理
自然法と自然権
フランス革命
邪悪な利益の出現
議会改革
教会
植民地と憲法
法典化、憲法、共和主義
公開性、責任、政府のアーキテクチャ
邪悪な利益への解毒剤―公職適性
法改革の政治学
最後のことごと

著者紹介

スコフィールド,フィリップ (Schofield,Philip)
ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン法学部教授。ベンサム・プロジェクト・ダイレクターおよび『ジェレミー・ベンサム著作集』編集主幹。ベンサムおよび古典功利主義に関する論文、編著多数。『功利とデモクラシー―ジェレミー・ベンサムの政治思想』によって2006年マッケンジー図書賞(イギリス政治学会)を受賞
川名雄一郎 (カワナユウイチロウ)
Ph.D.in Political Science(UCL)
高島和哉 (タカシマカズヤ)
1971年生まれ。早稲田大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期退学。博士(学術)。現在、明治大学ほか非常勤講師。専門は倫理学・社会思想史
戒能通弘 (カイノウミチヒロ)
1970年生まれ。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス法学修士課程修了。博士(法学・同志社大学)。現在、同志社大学法学部教授。専門は法思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

稀代の思想家が掲げた〈功利〉と〈民主主義〉の新たな側面に光を当てたスコフィールドの二〇年に渡る研究の到達点、ついに刊行。