書籍詳細

書籍詳細




和書

ハンス・ヨナス 未来への責任―やがて来たる子どもたちのための倫理学

戸谷洋志

慶應義塾大学出版会 '21.7.20 発行
274p 19cm(B6)   
ISBN: 9784766427554
KCN: 1040961096
紀伊國屋書店 選定タイトル

定価:¥2,970(本体 ¥2,700)

この商品は書籍取次在庫Aからの取り寄せとなります。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 151.2
KDC: A13 近代哲学・現代思想
新聞掲載: 週刊読書人2021年07月02日

内容紹介

テクノロジーは、遠い未来にまで影響を及ぼす。したがって私たちは、まだ生まれていない未来世代に対し、責任を負わなければならない。直感的にはそう思える。しかし、存在していない者とは合意形成ができず、またそこに人権を認めることもできない。ここに、ハンス・ヨナスの提唱した、まったく新しい未来倫理学の考え方が呼び出される。ユダヤ人として二〇世紀を生き、自ら戦場に立った彼は、なぜ「未来への責任」を見出し、そしてどのような思索を重ねたのか。気鋭の若手による、ヨナス研究の新たな地平。

目 次

第1章 人間と想像力―哲学的人間学1
第2章 歴史をめぐる問い―哲学的人間学2
第3章 死の存在論とニヒリズム―哲学的生命論1
第4章 テクノロジーの脅威―技術論
第5章 生命とは何か―哲学的生命論2
第6章 傷つきやすさへの責任―未来倫理学1
第7章 未来世代への責任―未来倫理学2
第8章 アウシュヴィッツ以降の神―神学
おわりに―やがて来たる子どもたちのために

著者紹介

戸谷洋志 (トヤヒロシ)
1988年生まれ。哲学専攻。関西外国語大学・准教授。大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。第31回暁烏敏賞(2015年)、第41回エネルギーフォーラム賞優秀賞(2021年)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

ユダヤ人として二〇世紀を生き自ら戦場に立ったハンス・ヨナスはなぜ「未来への責任」を見出しそしてどのような思索を重ねたのか。