書籍詳細

書籍詳細




和書

西ネパール・ヒマラヤ 最奥の地を歩く―ムスタン、ドルボ、フムラへの旅

稲葉香

彩流社 '22.1.28 発行
174p 21cm(A5)   
ISBN: 9784779127748
KCN: 1041851101

定価:¥2,420(本体 ¥2,200)

この商品は店舗在庫から出荷予定です。

納期について
NDC: 292.58
新聞掲載: 朝日新聞2022年01月22日

内容紹介

リウマチという難病を抱えながら、チベット国境に近いヒマラヤの最奥の地ドルポで約100日におよぶ越冬を単独実現させ、「植村直己冒険賞」を受賞した40代女性登山家、待望の本。

目 次

まえがき―難病・リウマチを抱えて世界の屋根に挑戦
1 アッパームスタン―禁断の元王国
2 アッパードルポ―世界の屋根
3 ロワードルポ―チベットの民が暮らす地へ
4 フムラ―ネパールの最北西部
5 ドルポの冬―念願の越冬

著者紹介

稲葉香 (イナバカオリ)
1973年、大阪府東大阪市生まれ。ヒマラヤトレッキング・登山を続ける美容師。東南アジア・インド・ネパール・チベット・アラスカを放浪し、旅の延長で山と出会う。18歳でリウマチが発病。登山など到底不可能と思われたが、同じ病気で僧侶・探検家の河口慧海の存在を知り、彼のチベット足跡ルートに惚れ込み、2007年、西北ネパール登山隊の故・大西保氏の遠征参加をきっかけに西ネパールに通いはじめる。ヒマラヤ協会会員、日本山岳文化学会会員。受賞:2009年、NEXCO西日本フォトコンテスト入選。2020第25回植村直己冒険賞受賞(2021年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

難病を抱えながら、チベット国境、ヒマラヤ最奥地で約100日に及ぶ越冬を単独実現させた40代女性登山家の初の本。写真多数