書籍詳細

書籍詳細




和書

小説 岩波書店取材日記

中野慶

(京都)かもがわ出版 '21.12.20 発行
230p 19cm(B6)   
ISBN: 9784780311976
KCN: 1041669743

定価:¥2,200(本体 ¥2,000)

この商品は店舗在庫が僅少です。品切れの場合、出版社からの取り寄せとなりますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 913.6
新聞掲載: 東京新聞2022年02月27日

内容紹介

吉野源三郎の志を受け継ぎ、理想の職場をめざした人々の夢と葛藤。新人の女性コンサルがその軌跡を追う。

著者紹介

中野慶 (ナカノケイ)
本名大塚茂樹。1957年生まれ。早稲田大学第一文学部、立教大学大学院(修士中退)で日本現代史を専攻。岩波書店には夜間受付(嘱託)を経て1987年入社。校正部・辞典部を経て編集部で単行本、世界、岩波現代文庫(6年間編集長)等を担当した。労働組合では執行委員・地協委員等を経験。同社が提訴された沖縄戦裁判の担当者の一人。2014年早期退職して著述業。中野名では小説・児童文学を執筆。本名では評伝・ノンフィクションを執筆。主著に『原爆にも部落差別にも負けなかった人びと…広島・小さな町の戦後史』(かもがわ出版、第22回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報・注記

実在する版元を舞台に描くユーモア小説。吉野源三郎ら理想を求めた人々の夢と葛藤と。名著が次々登場して戦後の日本も映し出す。