書籍詳細

書籍詳細




和書

辞書に載る言葉はどこから探してくるのか?―ワードハンティングの現場から

(ディスカヴァー携書)

飯間浩明

ディスカヴァー・トゥエンティワン '13.12.30 発行
287p 18cm   
ISBN: 9784799314333
KCN: 1020313158

定価:¥1,100(本体 ¥1,000)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 813.1
新聞掲載: 日本経済新聞2014年02月09日,週刊読書人2014年03月28日,朝日新聞2017年12月03日

内容紹介

「ワードハンティング」とは、獲物をねらうハンターのように、「まだ辞書に載っていないことばはないか」「意味が変わってきたことばはないか」と、ことばを探すこと。著者は、本や新聞・雑誌、テレビやインターネットから新しいことばや用例を探すのに飽き足りず、「街の中のことば」を調べようと、デジタルカメラを持ってワードハンティングに出かけた。それぞれ特徴ある24の街で、看板やポスター、値札などから生きたことばを採集、撮った写真は3000枚超に。本書ではそれらの中から選りすぐりのことばを紹介。常に変化していく日本語の最先端の様子を生き生きと伝える。

目 次

1 流行を発信する街
2 ふだん着の商店街
3 昔の面影を残す街
4 混沌と熱気の街
5 高層ビルのある商業地区
6 都心を離れた街

著者紹介

飯間浩明 (イイマヒロアキ)
1967年、香川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。同大学院博士課程単位取得。専門は日本語学。『三省堂国語辞典』編集委員。国語辞典の編纂のため、新聞・雑誌・書籍・インターネット・街の中など、あらゆる所から現代語の用例を採集する日常を送っている。早稲田大学などで非常勤講師。クイズやディベートなどを取り入れた独自の文章指導を十年以上続ける。NHK Eテレ「どうも!にほんご講座です。」講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)