書籍詳細

書籍詳細




和書

超訳 新渡戸稲造の言葉

新渡戸稲造   三輪裕範

ディスカヴァー・トゥエンティワン '15.1.30 発行
237p 19cm(B6)   
ISBN: 9784799316313
KCN: 1022020915

定価:¥1,870(本体 ¥1,700)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 159

内容紹介

人生とは理想を行動に翻訳することだ。青年時代の理想をときどき思い出せ。『武士道』だけではなかった。隠れた名著の数々から珠玉の言葉を収録。

目 次

1 自分を磨く(世間とは君を知らない人間のことだ;成功も失敗も、基準は自分の中にある ほか)
2 志高く生きる(人生とは理想を行動に翻訳することだ;人生に連戦連勝はない ほか)
3 日々、全力を尽くす(物事は粘り強く少しずつ進めろ;つらいことがあっても顔には出すな ほか)
4 心を鍛える(善も悪も心のもちようで変わる;物事は公平な目では見られないと思え ほか)
5 人を見る目を養う(世に出る者は憎まれる;誰からも可愛がられるのは自分の意志がない人間だ ほか)
6 関係を築く(人は一人では生きていけない;気どっても無駄だ ほか)

著者紹介

新渡戸稲造 (ニトベイナゾウ)
南部藩士の子として盛岡に生まれる。札幌農学校では内村鑑三と同期。卒業後米国とドイツに留学して農業経済学などを学び、帰国して札幌農学校助教授に就任。健康を害して米国カリフォルニアで療養中『武士道』を英語で執筆する。また後藤新平に招かれて台湾の農政に従事。糖業発展の基礎を築き、その後京都帝国大学教授として植民政策を講じる。次いで東京帝国大学教授と第一高等学校校長を兼務、東京女子大学学長ほかも歴任。さらに国際連盟設立に際しては事務次長に就任、国際理解と平和のために尽力する
三輪裕範 (ミワヤスノリ)
1957年兵庫県生まれ。1981年に神戸大学法学部を卒業後、伊藤忠商事に入社。ハーバード・ビジネス・スクールにて経営学修士号(MBA)を取得。その後、ニューヨーク店経営企画課長、大蔵省財政金融研究所主任研究官、経団連21世紀政策研究所主任研究員、伊藤忠商事会長秘書、調査情報部長等を経て、現在、伊藤忠経済研究所長。丹羽宇一郎元伊藤忠商事会長(前中国大使)の懐刀としても知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)