書籍詳細

書籍詳細




和書

超訳 自省録 エッセンシャル版

マルクス・アウレリウス・アントニヌス   佐藤けんいち

ディスカヴァー・トゥエンティワン '21.11.20 発行
1冊 15cm(A6)   
ISBN: 9784799327920
KCN: 1041757551

定価:¥1,320(本体 ¥1,200)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 131.5

内容紹介

全身全霊で「いま」を生きよ!世界中のリーダーに2000年読み継がれる哲人ローマ皇帝、「内省」の記録。

目 次

1 「いま」を生きよ
2 運命を愛せ
3 精神を強く保て
4 思い込みを捨てよ
5 人の助けを求めよ
6 他人に振り回されるな
7 毎日を人生最後の日として過ごせ
8 自分の道をまっすぐに進め
9 死を想え

著者紹介

マルクス・アウレリウス (マルクスアウレリウス Marcus Aurelius Antoninus)
紀元121~180年。第16代ローマ皇帝。「五賢帝」の最後に位置づけられている。彼は朝から晩まで激務に追われ、しかもゲルマン人との戦闘に関しては晩年の10年間の大半を戦地で過ごしつつ『自省録』を書き続けた。59歳でドナウ河畔の前線の陣中で病没
佐藤けんいち (サトウケンイチ)
ケン・マネジメント代表。1962年京都府生まれ。一橋大学社会学部で歴史学を専攻、米国レンセラー工科大学(RPI)でMBAを取得(専攻は技術経営)。銀行系と広告代理店系のコンサル会社勤務を経て、中小機械メーカーで取締役経営企画室長、タイ王国では現地法人を立ち上げて代表をつとめた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)