書籍詳細

書籍詳細




和書

ロシア革命と東欧

(叢書東欧〈4〉)

羽場久美子

彩流社 '90.10.10 発行
200p 21cm(A5)   
ISBN: 9784882021797
KCN: 1001841696

この商品は品切れのため、BookWeb Proでのお取り扱いができません。

納期について
NDC: 239

内容紹介

多様な可能性を秘めたロシア革命期の東欧。西欧とソ連のはざまに生きる東欧への新しい視座。

目 次

序論 ロシア革命と東欧
1 チェコ人「帝国内改革派」の行動と挫折―ズデニェク・トボルカを中心にして
2 社会主義者のジレンマ―ボフミール・シュメラルとチェコスロヴァキア独立運動
3 シロバール博士の多忙な日々―スロヴァキア1918―1919年
4 政治家パデレフスキー―転換期の舞台で
5 ロマン・ドモフスキの野望
6 ハンガリー近代における知識人と「民族」―ヤーシ・オスカールの中央連邦構想
7 革命とフォークロア―モーリツ・ジグモンド
8 南スラブのナロードニャックとロシア革命―スチェパン・ラディッチの「見果てぬ夢」
9 イボ・アンドリッチの軌跡―青春の理想と文学の間