書籍詳細

書籍詳細




和書

「手紙屋」蛍雪篇―私の受験勉強を変えた十通の手紙

喜多川泰

ディスカヴァー・トゥエンティワン '08.1.15 発行
247p 19cm(B6)   
ISBN: 9784887596122
KCN: 1000205748

定価:¥1,650(本体 ¥1,500)

この商品は書籍取次または出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 913.6
新聞掲載: 週刊読書人2020年05月08日

内容紹介

何のために勉強するんだろう?何のために大学に行くんだろう?進路に悩む女子高生、和花が「手紙屋」から学んだ、勉強の本当の意味とその面白さ。ベストセラー『君と会えたから…』『手紙屋』の著者が贈る渾身のメッセージ。

目 次

第1章 迷い―進学?それとも就職?「勉強しなきゃ」と思うけど、やる気になれない…(勉強も一つの道具である;学校で習うことだけが勉強ではない;心の成長なくして、結果を手にすることはできない)
第2章 衝撃―やっぱり大学に行こう!なんどかどんどん勉強したくなってきた!!(自分が生きる意味は、自分でつくっていける;困難を可能にするのは「意志」の力;成功するために必要なものは、方法ではなく行動だ)
第3章 変化―続けるのって、けっこう大変…でも、勉強は楽しい!(家に帰ってから最初に座る場所で、自分の人生が決まる;「何をやるか」よりもっと大切なことがある;すべての教科が、人生を豊かにするきっかけになる)
第4章 希望―将来の夢が見えてきた!もっともっといろいろなことを学びたい!!(今日一日の勉強が、将来の世界を大きく変える)

著者紹介

喜多川泰 (キタガワヤスシ)
1970年東京都生まれ。愛媛県で育つ。東京学芸大学卒業後、横浜で学習塾聡明舎を創立。高校生を中心に英語を教える一方で、授業に取り入れるべく自己啓発の研究を続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)