書籍詳細

書籍詳細




和書

ブラック・ホークの自伝―あるアメリカン・インディアンの闘争の日々

ブラック・ホーク   アントワーヌ・ルクレール

風濤社 '16.11.1 発行
249p 19cm(B6)   
ISBN: 9784892194221
KCN: 1027103318
紀伊國屋書店 選定タイトル
原書名: BLACK HAWK:AN AUTOBIOGRAPHY〈Black Hawk〉

定価:¥3,080(本体 ¥2,800)

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 289.3
KDC: A31 歴史学一般・通史・総記・伝記/考古学
A33 西洋史
書評掲載: 朝日新聞2017年01月15日
新聞掲載: 週刊読書人2017年12月22日

内容紹介

アメリカン・インディアンの自伝。ソーク族のリーダー。南北戦争の数十年前、急拡大するアメリカ合衆国の脅威の下、ソーク族は故郷喪失の危機に瀕する―戦うか!屈するか!リーダたちの逡巡、さまざまな友情。虐げられし者たちの声を聞け!アメリカの歴史上初めて、インディアン自らの一生を書物の形に仕立て上げ、ベストセラーとなった貴重な戦記、あるいは民族誌。

目 次

祖父と“白い人”
戦士ブラック・ホーク誕生
新たなる“白い人”との交わり
イギリスとアメリカの戦争
和平条約へのサイン
我々の土地、我々の暮らし
再びの試練
故郷を占拠する白人入植者
故郷を離れる
ミシシッピー川を再び渡る〔ほか〕

著者紹介

ブラック・ホーク (ブラックホーク Black Hawk)
1767‐1838。19世紀前半、アメリカ合衆国の五大湖周辺地域を生活拠点としていたソーク族のリーダーの一人。部族間抗争や米英戦争の中で主に軍事面のリーダーとして部族内で頭角を現した。1804年にソーク族とアメリカ合衆国政府との間で結ばれた条約によって、ソーク族はミシシッピー川以東の土地をアメリカ側に割譲することになったが、ブラック・ホークらはこの条約の正当性を認めず、アメリカ合衆国政府に抵抗し続けた。1832年、故郷を目指したブラック・ホークらは、アメリカ軍との衝突を重ねつつ、逃避行の旅を続けた
高野一良 (タカノカズヨシ)
1959年生まれ。東京都立大学人文学部講師、助教授を経て、首都大学東京教授。専攻領域はアメリカ文学及びアメリカ文化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)