書籍詳細

書籍詳細




和書

群青の海―ある被爆者の最後の一年

森成人

(武蔵野)さんこう社 '20.12.1 発行
253p 19cm(B6)   
ISBN: 9784902386820
KCN: 1040253989

定価:¥1,650(本体 ¥1,500)

この商品は出版社からの取り寄せとなります。品切れの場合もありますので、恐れ入りますがご了承下さい。

納期について
NDC: 913.6

内容紹介

長崎にて被爆し、被爆症に苦しみながらも長崎を愛し、長崎に生きた男。彼の瞳には故郷五島の群青色の海が輝いていた。「漆黒の月」「朔の道」に続く、長崎原爆の凄まじさを描いた3部作の完結編。被爆者の父と被爆2世の息子の葛藤は、いつしか核の廃絶に向けてひとつの心となっていく。

著者紹介

森成人 (モリナリト)
1954年、長崎県佐世保市生まれ。5歳の頃、長崎市内(城山小学校近く)に転居する。城山教会の聖マリア学院(ミッションスクール)から、長崎県立長崎西高校を卒業し上京。中央大学法学部卒業後、学習塾を経営。現在、ビル・マンション管理会社勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)