電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

近世日本国民史 豊臣秀吉(二) 豊臣氏時代 乙篇

 

(講談社学術文庫)

徳富蘇峰【著】   平泉澄【校訂】

講談社 2013/08 発行
ISBN: 9784061585522
KNPID: 9830704491

この商品はBookWeb Proでのお取り扱いができません。恐れ入りますがご了承下さい。

ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

秀吉の大度量が優るか、家康の熟柿主義が勝つか。天下、秀吉に傾くも東顧の憂因家康あり。秀吉、妹を家康に娶わせ、母を質にしてこの猛虎を艦中に導かんとす。家康、その真率、その赤裸々にあい、この上の峻拒は亢竜の悔いを残すとして応諾。秀吉、時を移さず、信長が畢生の大経綸を継ぎ九州征伐を断行、島津を降す。凱旋の余威をもって聚楽第に天皇の行幸を仰ぎ、関白に累進、豊臣姓を称え、中外に向かって天下統一者たる名を実を示す。(講談社学術文庫)