電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

近世日本国民史 維新への胎動(下) 勅使東下 文久大勢一変 下篇

 

(講談社学術文庫)

徳富蘇峰【著】   平泉澄【校訂】

講談社 2013/08 発行
ISBN: 9784061592582
KNPID: 9960770532

この商品はBookWeb Proでのお取り扱いができません。恐れ入りますがご了承下さい。

ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

文久二年十月、正使三條實美、副使姉小路公知の両勅使東下。将軍家茂と相見し、攘夷実行、親兵選貢を旨とする勅書を授くるに、家茂勅諚奉戴の答書をたてまつる。巷間、志士による私刑横行し乱世の兆し顕著にして、幕威ますます墜つ。一方、幕府を通ぜず諸大名に直接命令を下されるがごとく朝権一層伸張し、天皇親政の実を半ば現呈せんとする形勢。今や「尊皇攘夷」は理想でなく現実となり来った。(講談社学術文庫)

目 次

横井小楠の活動
松平容保、京都守護職となる
土佐藩の勤王論台頭
土佐藩に京都守衛内勅下る
攘夷督促勅使東下決定顛末
江戸における開国論
幕議、開国に決す
勅使待遇改善と松下春岳辞職問題
政権返上論起こる
一橋慶喜辞職問題〔ほか〕