電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

『涅槃経』を読む ブッダ臨終の説法

 

(講談社学術文庫)

田上太秀【著】

講談社 2015/01 発行
ISBN: 9784061596863
KNPID: 9978994041
定価 :¥990(本体 ¥900)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

死に直面したブッダは、自らの得た覚りを弟子たちに開示した。このブッダが最後に残した諸々の教えを、多彩な比喩を随所にちりばめ、明快な問答形式で記したのが『涅槃経』であり、数ある仏教経典のなかでも「仏性思想」を説いてひときわ異彩を放っている。中国・朝鮮・日本等、東アジアの仏教思想に多大な影響を与えた『涅槃経』の精髄を読み解く。(講談社学術文庫)

目 次

まえがき
第一章 仏教の基礎知識
第二章 『涅槃経』について
第三章 仏性とはなにか──その意味するもの
第四章 『大乗涅槃経』のユニークな思想
第五章 多彩な比喩説法を読む
あとがき

著者紹介

田上太秀[タガミタイシュウ]
1935年ペルー・リマ市生まれ。駒沢大学仏教学部卒業。東京大学大学院修士課程修了。同博士課程満期退学。駒沢大学仏教学部教授。駒沢大学禅研究所所長。文学博士