電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

マルクス・アウレリウス「自省録」

 

(講談社学術文庫)

マルクス・アウレリウス【著】   鈴木照雄【訳】

講談社 2015/03 発行
ISBN: 9784061597495
KNPID: 9980432063
定価 :¥1,155(本体 ¥1,050)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

2世紀後半ローマ皇帝となったマルクス・アウレリウスはまたストア派の哲学者でもあった。万有は神的理性(ロゴス)に統率されるという合理的存在論に与する精神構造を持つ一方で、文章全体に漂う硬質の無常観はどこから来るのか。自身の心に向かって思念し、心内の軋み・分裂・矛盾をごまかすことなく真摯に生きた哲人皇帝の魂の声。碩学による待望の新訳。(講談社学術文庫)

著者紹介

鈴木照雄[スズキテルオ]
1918年生まれ。京都大学大学院修了。ギリシア哲学専攻。関西大学教授、大阪市立大学教授、神戸学院大学教授を歴任。大阪市立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)