電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

物部氏の伝承

 

(講談社学術文庫)

畑井弘【著】

講談社 2015/01 発行
ISBN: 9784061598652
KNPID: 9983057182
定価 :¥1,265(本体 ¥1,150)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

大和朝廷で軍事的な職掌を担っていたとされる物部氏。しかし、その一族の実像は茫漠として、いまだ多くの謎に包まれている。記紀の伝承や物部氏の系譜を丹念にたどり、朝鮮語を手がかりに解読を試みると、そこには思いがけぬ真実の姿が浮かび上がってきた。既存の古代史観に疑問を投げかけ、作り上げられた物部氏の虚像を看破する著者独自の論考。(講談社学術文庫)

目 次

はしがき
第一章 物部氏と物部連──饒速日命と可美真手命
 饒速日命/饒速日命は虚像である/原・饒速日命伝承/フツノ霊にほかならぬ饒速日命/「可美」は「ウマシ」にあらず/「甘酒」は「カム(剣)サル(矢)」/「カ怜国」とは「銅の国」/「可美」とは「カム」(剣)のことである/カムとツルギ……神・剣・山・柱/可美真手命伝承/可美真手命と宇麻志麻遅命/饒速日命・長髄彦・可美真手命の変貌/欝色雄命伝承/閑話休題
第二章 蛇と鵄──長髄彦伝承と神武の大和平定伝承
 長髄彦は銅鐸祭祀の蛇神族の魁帥/磐余の登美毘古/土蜘蛛と高句麗系鍛冶氏族日置氏/登美族を平定した畿内ヤマト王権/金色霊鵄/登美族/天富命/登美族の建国と「天神郊祀」/原・天照大神とサル田彦神/二つあった小野榛原の霊畤/大伴連家の「頭八咫烏」伝承/高句麗系らしい大伴の八十伴男/鴨と鵄と鷲/蛇から鵄へ──鍛冶神の交替
第三章 香の鍛冶王──伊香色雄命
 物部連の祖、伊香色雄/「赤銅八十梟帥」の一人だった伊香色雄/河内の伊香色雄と江北の伊香色雄/伊香の語義/「物部」八十氏の統合的象徴/銅の古語「カゴ」の発見/赤酸醤/天香山/香=香具=鹿児=軽=銅/軽矢・鹿児矢・真カゴノ鏃/日像の銅板/「羽羽」は蛇神/足名鉄・手名鉄・軽彦/天羽鞴/弥生時代と「カゴ」神信仰/大葉刈/高皇産霊と神皇産霊と伊香色雄命
第四章 鍛冶王のバラード──「物部氏」系譜伝承
 忍坂の鍛冶王 物部五十琴宿禰/安閑・宣化朝と布都久留流物部氏/三人の「目」大連/欽明朝と物部連尾輿/守屋で没落(モルラク(〔mol-rak〕))した弓削大連家/石上朝臣麻呂とその祖父の目大連/石上朝臣麻呂と物部連麻呂
第五章 石上神宮の謎──石上朝臣と布留宿禰
 石上神宮の創設と石上朝臣家の成立/石上坐布留御魂神社と布留宿禰の祖流/物部大臣を号した蘇我敏傍/「フツ」姫伝承の意味/馬古の妻「鎌姫」/倭古連の伝承/倭古連と結んで抬頭した弓削連尾輿/馬子の妻は「守屋の妹」なのか/布都姫の「財」/「武蔵臣」と山棲みの民/布留氏の「財」の根元、山棲みの民
物部氏系譜一覧表
学術文庫版あとがき

著者紹介

畑井弘[ハタイヒロム]
1927年生まれ。1953年、京都大学文学部史学科卒業。文学博士。現在、甲南大学名誉教授、西北大学名誉教授(中国西安市)、陝西省博物館(碑林・中国西安市)名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)