電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰

 

(講談社学術文庫)

吉野裕子【著】

講談社 2014/11 発行
ISBN: 9784061598874
KNPID: 9983576538
定価 :¥990(本体 ¥900)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

蛇と猪。なぜ山の神はふたつの異なる神格を持つのか? 日本古来の社の祭神の起源は、祖霊としての蛇神であった。6~7世紀、中国から将来された易・五行による新たな神々が、原始蛇信仰の神々と混淆し、山の神は複雑な相貌をもつようになる。神島の「ゲーターサイ」、熊野・八木山の「笑い祭り」、御田神社の「烏喰神事」などの祭りや習俗を渉猟し、山の神にこめられた意味を読み解く。(講談社学術文庫)

目 次

はじめに
序 章
一 倭建命伝承と日本古代信仰──祖霊の力と女の力
二 山の神の神格
1 『日本書紀』にみられる山の神
2 『古事記』にみられる山の神
三 山の神の分類
蛇と猪
第一章 蛇と山の神
一 世界の原始蛇信仰
二 日本の原始蛇信仰
三 見立ての信仰
1 山を蛇に見立てること
2 家屋を蛇に見立てること

四 蛇の古名
1 「ハハ」と「カカ」
2 「神」の原意

五 日本創世神話と山の神
蛇から誕生する山の神
六 スサノヲ神話と山の神──足名椎・手名椎・櫛名田姫・八俣遠呂智の推理
1 足名椎・手名椎の推理
2 櫛名田姫の推理
3 ヤマタノヲロチ

七 蛇を秘める細小の神々
1 箸と櫛
2 ミノとカサ

八 産の神としての山の神
第二章 亥(猪)と山の神
一 山の神の分類
二 易・五行における亥(猪)
三 正倉院御物石板彫刻の戌・亥(犬・猪)

1 十干と十二支
2 五行配当表
3 一年の構造

五 「亥」の全体像とその分類表──各「亥」の再構成
1 「亥」の全体像
2 「亥」の分類表
六 山の神の本質(その一)
1 十二山の神
2 妻の異称「山の神」

七 山の神の本質(その二)
1 三合の法則によるその変容
2 支合の法則によるその変容

第三章 山の神祭りとその周辺
一 カラス祭り
1 御田神社の烏喰神事
2 カラス祭り資料
3 各資料の要約と整理

二 陰陽五行と迎春呪術
1 古代中国人の四季推移に対する意識
2 犬の磔
三 神島の「ゲーターサイ」
1 神 島
2 ゲーターサイ
3 祭名の推理──迎太歳

おわりに
本書所収論考初出発表誌・書目一覧表

著者紹介

吉野裕子[ヨシノヒロコ]
1916年東京生まれ。旧姓赤池。女子学習院、津田塾大各卒。学習院女子短期大学講師。1977年、東京教育大学より文学博士の学位を授与される。2008年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)