電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

宗教で読む戦国時代

 

神田千里【著】

講談社 2013/07 発行
ISBN: 9784062584593
KNPID: 9985402898
定価 :¥1,705(本体 ¥1,550)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

戦国日本人の「見えない宗教性」を解明。なぜキリスト教は拒否されたのか。一向一揆は宗教一揆だったのか。宣教師も驚いた戦国日本人の高度な精神性。その「ゆるやかな宗教性」のバックボーンとしての「天道」思想をキーワードに、一向一揆、キリシタン論争から島原の乱まで、日本人の心性に新たな光を投げかける。(講談社選書メチエ)

目 次

第1章 宣教師の見た日本の宗教(宣教師の見た日本 仏教とキリスト教との出会い 魂は永遠か―禅宗との論争)
第2章 戦国びとの信仰(「天道」思想の浸透 聖俗の棲み分け―戦国時代の「王法」と「仏法」)
第3章 一向一揆の実像(教団のための戦い 政治抗争の中の一向一揆 一向一揆の特質)
第4章 戦国大名・統一政権と宗教(戦国大名と教団の自治 アジールの統制 諸教団の共存)
第5章 島原の乱と禁教(宗教一揆としての島原の乱 島原の乱の宗教的背景 禁教と日本の宗教)

著者紹介

神田千里[カンダチサト]
1949年生まれ。東京大学文学部卒業。同大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、東洋大学文学部教授。博士(文学)。専門は日本中世史(中世後期の宗教社会史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)