電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

福翁自伝

 

(講談社学術文庫)

福沢諭吉【著】   土橋俊一【校訂・校注】

講談社 2015/01 発行
ISBN: 9784062919821
KNPID: 9985404718
定価 :¥1,375(本体 ¥1,250)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

豊前中津奥平藩の下級士族の末子が「窮屈な小さい箱」をヒョイト飛び出し、洋学を志して長崎、大阪、江戸へ、欧米へ……。幕末・維新の大変化の時代を「自由自在に運動」し、慶應義塾を創設、大いに「西洋文明の空気」を吹き込んで日本の思想的近代化に貢献した福沢諭吉。その痛快無類の人生を存分に語り尽くした自伝文学の最高傑作。(講談社学術文庫)

目 次

凡 例
初版序(石河幹明)
幼少の時
長崎遊学
大阪修業
緒方の塾風
大阪を去って江戸に行く
始めてアメリカに渡る
ヨーロッパ各国に行く
攘夷論
再度米国行
王政維新
暗殺の心配
雑 記
一身一家経済の由来
品行家風
老余の半生
校 注  土橋俊一
解 題  土橋俊一

著者紹介

福沢諭吉[フクザワユキチ]
1835~1901。豊前国中津藩士。緒方洪庵の適塾で蘭学を学び、のち英学に転じる。幕府に出仕し幕府遣外使節に随行して渡米・渡欧。1868年、慶應義塾を創設。啓蒙思想家、教育家

土橋俊一[ツチハシシュンイチ]
1921~2000。和歌山市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。『福沢諭吉全集』全21巻の編纂に従事。元慶應義塾大学広報課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)