電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

怪帝ナポレオン三世 第二帝政全史

 

(講談社学術文庫)

鹿島茂【著】

講談社 2014/12 発行
ISBN: 9784062920179
KNPID: 9986203384
定価 :¥1,980(本体 ¥1,800)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

偉大な皇帝ナポレオンの凡庸な甥が、陰謀とクー・デタで権力を握った、間抜けな皇帝=ナポレオン三世。しかしこの紋切り型では、この摩訶不思議な人物の全貌は掴みきれない。近現代史の分水嶺は、ナポレオン三世と第二帝政にある。「博覧会的」なるものが、産業資本主義へと発展し、パリ改造が美しき都を生み出したのだ。謎多き皇帝の圧巻の大評伝!(講談社学術文庫)

目 次

プロローグ 謎の皇帝
第一章 陰謀家ルイ=ナポレオン
 1 生い立ち
 2 運命の星を信じて
 3 超前段階蜂起
 4 栄光への脱獄
 5 革命を利用せよ
第二章 大統領就任
 1 四面楚歌
 2 議会との暗闘
 3 ついに白刃きらめく
 4 クー・デタへ、役者そろう
 5 賽は投げられた
第三章 皇帝への道
 1 モルニーの罠
 2 成功の失敗
 3 なによりも秩序を
 4 ついにナポレオン三世となる
第四章 第二帝政──夢の時代
 1 ナポレオン三世の結婚
 2 武装せざる予言者
 3 権威帝政のパラドックス
 4 「貧困の根絶」の実現へ
 5 クレディ・モビリエの始動
第五章 社会改革
 1 鉄道戦争
 2 金融戦争勃発
 3 拡大する金融戦争
 4 パリ大改造に着手
 5 オスマン登場
第六章 パリ大変貌
 1 オスマン時代の始まり
 2 壮大な都市計画
 3 第一期工事
 4 第二次計画
 5 第三次改造計画とオスマンの失脚
第七章 二つの戦争
 1 クリミア戦争
 2 人生最良の年
 3 イタリアの思惑
 4 イタリア戦争
 5 デパート都市の誕生
 6 自由帝政と労働運動
第八章 第二帝政の終焉
 1 祝祭と放蕩
 2 伝説のバブル美女たち
 3 一八六三年の転換
 4 メキシコ介入の悲劇
 5 サドワの失策
 6 自由帝政にむけて
 7 第二帝政の崩壊
 8 虜われの皇帝
エピローグ その後のナポレオン三世
参考文献
あとがき

著者紹介

鹿島茂[カシマシゲル]
1949年神奈川県横浜市生まれ。東京大学仏文科卒業。同大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在明治大学教授。19世紀フランスの社会・小説が専門。代表作に『馬車が買いたい!』(サントリー学芸賞)、『子供より古書が大事と思いたい』(講談社エッセイ賞)、『愛書狂』(ゲスナー賞)、『職業別パリ風俗』(読売文学賞評論・伝記賞)、『成功する読書日記』(毎日書評賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)