電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

試験と競争の学校史

 

(講談社学術文庫)

斉藤利彦【著】

講談社 2014/11 発行
ISBN: 9784062920438
KNPID: 9986691656
定価 :¥990(本体 ¥900)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

私たちの国の学校は、なぜこれほど過剰に「試験」にとらわれてきたのか。著者は、画一的な「試験の実施」こそが、近代の日本に「学校」を普及させる動因だったという。夜を徹して行われる進級試験、衆人環視・戦慄畏縮の口頭試問、時に三割を超えた落第の恐怖。国民皆学実現の裏で、今に至る教育論争にも長い影を落とす「淘汰と競争」の起源を探る。(講談社学術文庫)

目 次

はしがき
序章 競争と試験の状況から
1 諸外国からのまなざし
2 中学校時代の体験から
3 「試験準備に支配された教育制度」─「MISSION REPORT」から─
4 近代学校の創設期へ
第一章 試験の風景
1 学区取締の日記から─試験立会いの日々─
2 教育雑誌に見る試験と競争
第二章 試験制度の成立
1 「学制」の概要と理念
2 「学制」における試験制度の内容
3 各府県による多様な試験形態の成立
4 六種類の試験と二つの類型
5 「学制」後における試験制度の展開
第三章 試験制度の実際
1 頻繁に繰り返される試験
2 「大試験(卒業試験)」の実際と生徒たち
3 試験の方法と技術
4 試験問題と暗記注入の教授法
5 「比較試験」の実態
第四章 試験による淘汰と教育のひずみ
1 試験による落第
2 大量の不受験者の存在
3 中途退学と学校への恐怖・嫌悪
4 試験と競争のひずみ
第五章 仕掛けとしての試験─試験による競争の組織化─
1 近代学校の啓蒙装置
2 学事振興と「競争心」の利用
3 席次の競争
4 成績の公表と「観覧性」の技術
5 試験をめぐる賞罰の体系
6 地域内での競争と「比較試験」
7 競争の無規制な昂進と行政側の対応
第六章 中学校における競争と淘汰
1 試験と競争の特質
2 淘汰の態様─大量の落第と中途退学─
第七章 進学競争の世界
1 進学競争の激化と淘汰
2 序列競争としての進学競争
3 予備教育化と学校間・郷土間の競争
終章 「試験の時代」と競争
1 行政による競争の創出と利用
2 産業化の趨勢と競争
3 競争の自己展開と民衆の意識
4 試験の濫用による生徒管理
5 学事振興への阻害
6 試験と競争のその後
あとがき
学術文庫版のあとがき

著者紹介

斉藤利彦[サイトウトシヒコ]
1953年福島県生まれ。東京大学法学部卒。同大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。現在、学習院大学教職課程教授。東京大学大学院教育学研究科客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)