電子書籍詳細

電子書籍詳細


和書 kinoppy

江戸落語 誕生と発展

 

(講談社学術文庫)

延広真治【著】

講談社 2014/11 発行
ISBN: 9784062920445
KNPID: 9986797535
定価 :¥990(本体 ¥900)
ファイルフォーマット:   
ファイルサイズ:
デバイス:

ご購入を希望される方は、
下のリンクをクリックしてください。

内容紹介

鹿野武左衛門、烏亭焉馬、三笑亭可楽、林屋正蔵……。江戸落語の立役者たち。元禄期に遡る落語は、始祖武左衛門の流罪で途絶。棟梁にして、熱狂的団十郎贔屓の焉馬が、「咄の会」を運営、中興の祖になるのが百年後。机から高座への移行、短い落とし咄の連結、狂歌との関連、寄席の登場、怪談の導入等々、落語形成過程を克明に活写。(講談社学術文庫)

目 次

学術文庫版まえがき
I
鹿野武左衛門
烏亭焉馬
下町派の講頭
江戸落語中興の祖
II
『太平楽巻物』
咄の会
III
三笑亭可楽
林屋正蔵
あとがき
付 翻刻『太平楽巻物』

著者紹介

延広真治[ノブヒロシンジ]
1939年生まれ。東京大学国語国文学科卒業。同大学院博士課程満期退学。東京大学名誉教授。専門は、舌耕文芸(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)